MENU

前頭葉を鍛えるのは、脳への血流をアップさせる&脳を活性化させるDHA&EPA!

前頭葉を鍛えることは、脳への血流をアップさせ学力アップにも繋がってくるということをご存じでしたか?

 

子供に「勉強しなさい」「宿題やったの?」「言われる前にどうしてできないの?」と小言を並べている親御さんにこそ最も知っておいてもらいたいのですが、脳の前頭葉という部分を刺激することによって、前頭葉の血流が良くなり、その結果、集中力や記憶力なども高まると言われています。

 

前頭葉の血流をアップさせるとこんな良いことがあります

  1. やる気が出る
  2. 行動力がアップする
  3. 面倒なことでもスムーズに実行できる
  4. 集中力が増す
  5. 深く考える
  6. 我慢する力が強くなる
  7. 現状を把握する能力がアップする
  8. 分析力が増す
  9. 決断力が増す
  10. 計画性が出る
  11. 感動する力が深まる

 

本来、わが子にこうなってもらいたいと思う親御さんの気持ちがほとんど凝縮されてると思いませんか?私がこれを知った時に「よし、前頭葉の血流をアップさせればいいんだ!」と意気揚々となりました。が。。。前頭葉の血流をアップさせるっていったいどうしたらいいの?と思いますよね。

 

そこで、子供でも簡単にできる前頭葉の血流をアップさせる方法をお教えしますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

有酸素運動

有酸素運動というと代表的な運動はウォーキングや水泳です。とくにウォーキングの場合はお金をかけずにすぐに始められる有酸素運動としてポピュラーですよね。ただし、前頭葉の血流アップを目的としたウォーキングで守ってほしいことは、

 

毎回同じコースを歩かないということです。普段と違うコースを歩いたり、速度に変化を持たせることで前頭葉に刺激を与えるようになります。

 

これは大人だけじゃなくお子様にも同様に言えることです。学校の体育の時間があるから運動は特にしていない、という子が増えていますが、10年前から比べると、はるかに子供たちの運動量が足りないのが現状です。

 

ゲーム機やスマホゲームの普及のお陰で放課後、外で元気に遊ぶ子供もグンと減っています。勉強ばかりやらせていても脳への刺激にはつながりません。普段から体を動かすことに気をつけてあげて積極的に促してあげることが前頭葉への血流アップにつながります。

 

 

音読

小学生の毎日の宿題として多く出ているのが音読です。小学1年生の頃は大きな声で音読している子が多いですが、学年が上がるにつれてだんだんと音読をする子が減っているのが現状です。親御さんにお聞きしますが、「今日は1ページでいいよ」とか「今日はやらなくてもいいんじゃない」と言って、ファイルに印だけつけて終わりにしてしまう、なんて日もあるんじゃないでしょうか?

 

せっかく前頭葉を鍛える良い宿題が出ているにも関わらず、台無しにしてしまったのは勿体ないです。ぜひ、お子様の音読を聞いてあげて下さい。

 

その際に、注意するべきことがあります。それは、大きな声ではっきりと音読をするということです。

 

そして、お子様だけじゃなく、ぜひ一度あなたも大きな声ではっきりと文章を読んでみて下さい。3分程度読むだけで想像以上に疲れてしまいます。かく言う私も子供の教科書を借りて「ごんぎつね」を通して読んでみましたが、思ったより疲れてしまいました。この積み重ねが前頭葉の血流がアップに繋がるんですね。

 

 

前頭葉の血流を良くする効果があるサプリメントを飲む

前頭葉の血流をもっと確実に簡単にアップさせる方法として、サプリメントを取り入れている人が増えてます。とくにDHA&EPAが豊富に含まれているサプリメントが前頭葉への血流アップ効果が期待されていると言われているので、服用する際にはDHA&EPAの量と安全性を確認することをおすすめします。

 

脳への血流が滞ると、頭が重くなり働きが鈍くなったり、記憶力が低下したりします。ですので、脳への血液循環を良くすることで頭の回転が速くなります。人間の運動や言語、感情などを司る器官である前頭葉へも、血液循環を良くしてあげることで、前頭葉を鍛えることができます。

 

ただ、DHA&EPAと言っても、たくさん種類があるのでいったいどれを選んだらいいかわからない!という人が多いので、私が実際に服用した経験を元に、ネットや口コミで評判が良いサプリメントを比較して検討してみました。そして、私独自のランキングをつけてみたので、ぜひぜひ参考になさってみて下さい。

 

前頭葉の血流アップ効果が期待されるDHA&EPAが豊富に含まれているサプリメントランキング
 

きなり(さくらの森)の特徴

厚生労働省が推奨するDHA&EPAの摂取量は、1日1000mg(マグロの刺身5人前分)です。これを毎日摂取するのはすごく難しいですよね。

そこで手っ取り早く簡単にDHA&EPAを摂取することができる「きなり」をおすすめします。

事実、今の日本人の魚の摂取量は年々減少していて、比較的魚を良く食べる50代以上の世代でも慢性的にDHA/EPAが足りていない状況なので、足りない量はサプリメントで補うのが手軽でおすすめです。

しかし、パッケージにDHA&EPAと記載されてるサプリメントならどれでも効果があるのか?というのは非常に深刻な問題です。なぜなら、配合量が厚生労働省が推奨している量に満たないものがとても多いからです。 そこで、重要視されるのが、推奨基準量を満たしていないDHA&EPAの配合量のサプリメントの場合、プラスαとしてどんな栄養成分が配合されているのか?という点です。

価格 定期コース 初回 1,980円
評価 評価5
備考 返金保証付き!1日当たり66円 継続購入の縛りなし
きなり(さくらの森)の総評

きなりなら、1日4粒の摂取でDHA&EPAが500mgも摂取できます。

DHA&EPAは酸化にとても弱い成分ですが、きなりに含まれているクリアオイル成分のお陰でほとんど酸化させることなく体に浸透させることができます。

※他のサプリは酸化させてしまうことが多いものもあるので、配合量が豊富だとしても体に浸透しないまま…ということもありますので、DHA&EPAサプリを選ぶにあたっては非常に重要なポイントになります。

DHA&EPAが500mg配合されてますが、厚生労働省が推奨している1,000mgには足りません。しかし、ナットウキナーゼという納豆に含まれている血液サラサラにしてくれる成分が配合されています。

このナットウキナーゼは、前頭葉への刺激アップに非常に重要な働きをしてくれるため、きなりを摂取することによってDHA&EPAとナットウキナーゼ、ダブルで前頭葉へのアクションを起こしてくれる優れものです。

しかも、DHA&EPAのサプリは魚くさいものがありますが、きなりはオレンジパワーを使って臭みをシャットアウト!においが全く気にならないので魚が苦手な人にこそ飲んでもらいたいサプリメントです。

 

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

大正製薬の大正DHA・EPAのすごいところは、1位にしたきなりを上回る程の配合量。1日600mgもDHA&EPAを摂取することができます。

しかも、1回分ずつ小分けに袋詰めされているので、旅行や外出先でも持ち運びがとても便利。小分けにすることでDHA&EPAの短所である酸化も防いでくれるというわけですね。

もちろん、製薬会社だけあって大正製薬独自の製法によってカプセルに工夫を…!ダブルで酸化防止ができているのでとても安心です。

価格 定期コース 初回 1,000円
評価 評価4
備考 継続購入の縛りなし
大正DHA・EPA(大正製薬)の総評

大正製薬の大正DHA・EPAを2位にした理由があります。それは、DHA&EPAの配合量はとても多くて魅力的ですが、他にプラスαとして有効成分が配合されてないから。

きなりだったら、DHA&EPA以外にもナットウキナーゼなど体に良い成分が含まれているのですが、大正DHA・EPAの場合は、DHA&EPAだけです。

もちろん、「DHA・EPAだけで十分」という人にとっては、配合量が多いのできなりよりもオススメしますが、せっかっく摂取するんですから前頭葉へのアクションを起こしてくれる成分をもっと取り入れたい!という方にはきなりをおすすめします。

 

美健知箋EPA&DHA(B&H Sato)の特徴

ズバリ、DHA&EPAの配合量はダントツ1位の750mg
理想としては1日1,000mgを摂取するべきなので、美健知箋を飲んでいれば間違いありません。

しかも、大正製薬の大正DHA・EPAと同様、美健知箋も佐藤製薬という製薬会社が開発したサプリメントなので製法などの安全性がとても高いです。

さらに、1回分ずつ小分けになっているので大正DHA・EPAと同じく、外出先にも持ち運びが便利なのが嬉しいですよね。

価格 定期コース初回 1000円円
評価 評価4
備考 初回84%オフでリーズナブルな値段 継続購入の縛りなし
美健知箋EPA&DHA(B&H Sato)の総評

DHA・EPAの配合量だけで選べば1位なのですが、今回私が3位にした理由は、配合成分のことと、もう一つ。お値段が若干お高めだという点にあります。

DHA・EPAのサプリメントは一ヵ月程度飲めば効果が現れるというものじゃありません。最低でも三ヵ月は飲み続けなければ意味がないので、そのためには、お財布に優しいお値段のものを選ぶというポイントを最重要視しました。

もちろん、お値段に糸目をつけないという方なら、配合量がダントツに多い美健知箋EPA&DHAをおすすめします。


前頭葉を鍛えるのは、脳への血流をアップさせる&脳を活性化させるDHA/EPA!

前頭葉への血流をアップさせるには、血液をサラサラな状態にすることが大切ですが、それには青魚に多く含まれるDHA/EPAの働きが必要不可欠です。

 

ですが、厚生労働省推奨のDHA/EPA摂取量は、1日1000mg(マグロの刺身5人前分)で毎日摂取するのはすごく難しいです。。。

前頭葉を鍛えるなら魚のDHA/EPA

 

実際に日本人の魚の摂取量は年々減少していて、比較的魚を良く食べる50代以上の世代でも慢性的にDHA/EPAが足りていない状況なので、足りない量はサプリメントで補うのが手軽でおすすめです。

 

更に、DHA/EPAは、脳の栄養素として認知症予防や脳の活性化に良いので、積極的に摂りたい栄養素です。

 

脳への血流が滞ると、頭が重くなり働きが鈍くなったり、記憶力が低下したりします。ですので、脳への血液循環を良くすることで頭の回転が速くなります。人間の運動や言語、感情などを司る器官である前頭葉へも、血液循環を良くしてあげることで、前頭葉を鍛えることができます。

 

DHA/EPAサプリメントで、前頭葉への血流アップにおすすめなのが「きなり」

きなりには、血液をサラサラにし脳を活性化させる効果のあるDHA/EPAはもちろん、注目成分のクリルオイル・ナットウキナーゼも高配合されています。

ナットウキナーゼで血流改善

 

ナットウキナーゼは血栓溶解作用を持つ酵素で、DHA/EPAの血液をサラサラにする効果を促進します。

 

クリルオイルには、抗酸化作用が強いアスタキサンチンが含まれていて、酸化しやすいt特徴を持つDHA/EPAを酸化から守り、効率よく体内へ吸収されやすくします。

 

きなりは、DHA/EPAとナットウキナーゼ、クリルオイルを配合しており、そのトリプル効果で、効果が実感できると口コミで評判のサプリメントです☆(リピート購入率92.3%)

 

 

【おすすめランキング】に戻る↑↑

前頭葉の血流アップにサプリメントの「きなり」がおすすめな理由

きなりがおすすめなのは、その配合が特徴的だから。

 

きなりに配合されているクリルオイルとは?

 

クリルオイルとは、プランクトンの一種であるオキアミから取れる油で、DHA/EPAが豊富に含まれていることで近年注目されています。

前頭葉への血流アップに青魚

そのDHA/EPAは、青魚から取れるDHA/EPAよりも体内に吸収されやすいとの特徴を持っています。

 

更に、クリルオイルには「アスタキサンチン」も豊富に含まれており、抗酸化作用が強いため、美容健康に良く、DHA/EPAなどの他の栄養素と一緒に摂取することで、それらの栄養素の酸化を防止し、効率よく体内へ吸収させることができる作用があり、近年コスメやサプリ、食品に使用されて人気となっています。

 

脳を活性化させるたり、血液をサラサラにさせたりする効果があるDHA/EPA。
このDHA/EPAを効率よく体内へ吸収することで、前頭葉を鍛えることに繋がります。

 

 

ナットウキナーゼも配合

 

日本の伝統食「納豆」に含まれている成分、ナットウキナーゼもきなりに配合されています。

ナットウキナーゼで血流改善

 

ナットウキナーゼには血栓の分解促進作用や、血流を改善させる効果があることが分かっています。

 

血流を改善することで、前頭葉への血液の流れもスムーズになり、活性化を促進する効果が期待できます。

 

日本食ってすごいですね☆

 

 

【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

-